2017-4-24 陸前高田 高田保育所で紙芝居

そして、今回の旅での
もう一つのミッション。陸前高田保育所での紙芝居♬

陸前高田の保育所は、友人の土田まりさんが主宰してる
まちっこプロジェクトで、
2011年、保育所にずっと「今ほしい」というものを
地元のママさん達協力で送っておりました。
かけつけたい気持ちはあっても先方は迎えるのだって大変だから。
必要な物をはこにつめて、送っていました。

そして、一年近くすぎた、2012年2月の節分。
やっと、伺うことができました。
津波で流された園舎は門柱しか残っておらず、
高台にある、別の縁が昔使っていた古い園舎をお借りして
高田保育所はありました。
園舎は木造で古くて寒かった。
でも、みんなで、元気に遊びました。
ちょうど珍しくつもった雪でかまくらを作ったりそり遊びしたり・・・・
写真は2012年
e0026056_17354977.jpg
e0026056_17355330.jpg
e0026056_17354621.jpg
の写真です。

新しい園舎は、すぐ出来る予定だったのですが、のびのびになって・・・
去年やっと、この園舎に移ることができました。
そして、昔の園庭に大きないちょうの木があったことを聞いていた
土田まりさんは、募金を集めて陸前高田の造園やさんに
園庭にイチョウの木をプレゼントしたのです。
これからずっと子どもたちを見守ってくださいますように・・・祈りをこめて。

昨年そのイチョウを植えるのに、土田さんたちは陸前高田にいきました。
わたしたちは予定があわず、行けず、そのまえも、なかなか予定が一致しなくて、
気が付いたら、5年・・・行くことができませんでした。

今年、気仙沼のスケジュールが決まったとき
一緒に行ったメンバーに頼んで、
帰る日に陸前高田に立ち寄っていただきました。

5年前・・・ということは、
今の年長さんは行った年に生まれている。
所長さん去年4月からの赴任。
はだれも知ることはあないと思っていましたが、なんと!!
偶然5年前そのときいらしてた先生が紙芝居を覚えてくださってました。
鬼の声を篠塚がやったあの時を思い出し涙がでそうになりました。

e0026056_17301735.jpg
e0026056_17301720.jpg
e0026056_17301876.jpg
e0026056_17301895.jpg
e0026056_17301994.jpg
e0026056_17301980.jpg


紙芝居見て、みんなで元気に踊りました。
(演目は「ふくろうじいさんの庭」「さるも木から落ちることもあるさ」)
銀杏の木にも挨拶しました。
きっときっと、大きな大きな木になって
ずっとずっと、子どもたちを見守っていてね。
そう願いました。
e0026056_17333517.jpg
イベントの後、所長さんとお話しして聞いたのですが
ずっとかさ上げ以外の進展を聞かなかった、陸前高田の情報でしたが、
今年中心部についに商業施設ができて、週末オープニングで
遊具のある広場では、こちらの子どもたちがセレモニーで遊び初めだそうです。
やっと、6年目にして新しい道を進んでいると感じるニュースがきけて、
ちょっと、それを思う打jけで、涙がでてきます。
気仙沼でも、商店街のオープンがあったと聞きました。
少しづつでも新しい未来に向かってることに、心からうれしく思います。
そして、なにも出来ることはなくても、応援し続けています。

みんな、また来年来たら、みてくれるかな?って言うと「は〜い!」
って答えてくれて。
帰り「またきてね」という言葉がうれしかったです。
また、来年も行くつもりです。
毎年いけたらいいな。
ありがとうございます!!!

写真は気仙沼に一緒に行った上丸さんからいただきました。
ありがとうございます〜!


わくわくぷろじぇくと 劇団どろんこ座のHPはこちらをごらんください。劇団どろんこ座HP近況がはやくアップされるのはこちらFacebookページ 世界一小さな“舞台” 動くミュージカル紙芝居・劇団どろんこ座劇団どろんこ座Facebookページ
[PR]
by hinata-j | 2017-04-26 17:34 | 劇団どろんこ座 イベント


<< 2017-4-26 馬橋児童館... 2017-4-21〜23 気仙... >>